看護師の雇用先

看護師の雇用先としては、どのようなところがあるのか見ていきましょう。

看護師の雇用先としては、大学病院があります。
大学病院においては、はっきりと看護師と医師の役割がしています。
特に、一般病院において看護師が全て行う点滴・採血のルート確保などについては、多くの場合医師が行うようです。
看護師は、このため看護に専念することが可能になります。
また、先進医療に携わるチャンスが多くある大学病院においては、多くの新しい知識をマスターしたい看護師にはおすすめです。

看護師の雇用先としては、一般病院があります。
一般病院の看護師は、大学病院と比較するとさらに多くの種類の仕事を行っています。
場合によっては、点滴・採血のルート確保だけでなく、動脈血採血など非常に仕事が多岐にわたります。
さらに多くの手技をマスターしたいような看護師の雇用先としておすすめです。

看護師の雇用先としては、療養型病院があります。
療養型病院というのは、急性期病院において治療を一通り完了したが、介助の重度のものが必要であるなどの理由から自分の家に帰ることが不可能なような患者を受け入れているところになります。
比較的病状は安定している患者が多いため、急性期病院と比較すると仕事を落ち着いてすることができる職場であると言えます。
あまり残業時間がない病院が多いため、育児をしていたり、家庭があったりする看護師の雇用先としておすすめです。

本サイトでは、選択肢がさまざまある、一般企業の雇用先、雇用先は多くある、についてご紹介します。