雇用先は多くある

病院の他にも看護師の雇用先は多くあります。
クリニック・病院だけでなく、学校や保育所の保健室、訪問看護ステーション、老人ホーム、企業の保健室など、看護師が必要な雇用先はいろいろあります。

看護師はこのように需要が大きいので、転職を希望する看護師の比率は高くなっています。
病院で仕事をしていた看護師が、訪問看護ステーションに転職して仕事をするようなケースも実際に増えています。

また、看護師が転職するケースとしては、学校や保育所の保健室に変わることも多くあります。
転職回数が多くなってくると、転職先を次に決める場合や職場内での立場において、一般的には不利になる場合がほとんどですが、看護師の転職の場合には、そうではありません。
というのは、常に看護師は不足しており、どこの職場でも非常に看護師が要求されているためです。
転職活動をいろいろな媒体ですでにスタートしている場合はお分かりでしょうが、病院や介護施設、美容外科で看護師求人を募集しています。

しかしながら、不規則な勤務時間の看護師や、夜勤が多くて休日が少ないような看護師にとっては、求人情報を入手することは簡単なことではありません。
そのためにも、看護師の求人サイトなどを利用するのがおすすめです。

一般企業の雇用先

看護師の雇用先としては、施設や病院などの他にも一般企業というような選択肢もあります。
一般企業はいくつかの種類に分けられ、年収、仕事内容も違ってきます。
主な雇用先として、治験コーディネーター、企業内の保健室・医務室などがあります。

治験コーディネーターの仕事は、新しい薬の開発で、被験者と医療機関・製薬会社の間に立って、スケジュールの調整、モニタリングなどを行います。
メリットとしては、しっかり休日は休める、生死に関わることが少ない、人間関係は女性の職場ではないため良好な場合が多いことです。
一方、デメリットとしては、求人情報が多くない、未経験者は雇用されにくい、看護師の仕事の他にも雑用があることです。

企業内の保健室・医務室の仕事は、企業の福利厚生のために設けた企業の中の保健室や医務室で社員の健康を支援するものです。
怪我・病気の際に、処置を適切に行います。
社員の健康指導を場合によっては行うこともあります。
メリットとしては、企業の社員と待遇が同じ、仕事が難しくない、あまり忙しくない、ほとんど残業・夜勤がない、決まりが意外と厳しくないことです。
一方、デメリットとしては、一人しかいない場合が多いため責任が重い、スキルアップが期待できないことです。